ディズニーとダークサイド

映画『エスケイプ・フロム・トゥモロー』は、ディズニーのテーマパークでゲリラ撮影した、ちょっと奇妙なダーク・ファンタジーだった。あの「夢と魔法の王国」の裏側に潜んでいる(かもしれない)要素を暴き出した怪作といった趣である。
映画の日本公式サイトhttp://escapefromtomorrow.jp/


しかし、塩をかけることで西瓜の甘さを引き立たせるように、ディズニーの夢々しさと対比することで不幸をいっそう引き立たせた作品、あるいは、ディズニーの裏側を妄想した作品というものは、以前から存在した。
8月8日に行ったB&Bでのトーク円堂都司昭×ワクサカソウヘイ「ようこそ【黒い】夢の国へ。いまアナタの新しい夢の国への扉が開く」 (映画『エスケイプ・フロム・トゥモロー』公開記念)では、その種の作品をいくつか紹介した。トーク用に用意していたメモからいくつか抜粋し、掲載しておく。

松岡圭祐ミッキーマウスの憂鬱』

ミッキーマウスの憂鬱 (新潮文庫)
東京ディズニーランドの着ぐるみを扱う美装部で働き始めたフリーターが主人公。ミッキーマウスの着ぐるみ紛失事件が起きる。

桐野夏生『冒険の国』

冒険の国 (新潮文庫)
シンデレラ城の見える浦安のマンションに暮らす家族。高校時代の恋人の自殺を引きずる30代未婚の次女。
マンション内のクレームではミッキーのメモ用紙が使われ、キャストも住んでいる。
(関連雑記http://d.hatena.ne.jp/ending/20140722#p1

歌野晶午『世界の終わり、あるいは始まり』

世界の終わり、あるいは始まり (角川文庫)
連続児童誘拐殺人事件の犯人は小六の息子ではないかと疑う父。父は家族を連れてTDLで遊んだ後、舞浜のホテルで息子を殺し一家心中しようとする。

宮部みゆき火車

火車 (新潮文庫)
シンデレラ城前の写真と住宅展示場の写真を残し失踪した女性。彼女は借金取りから逃れるため殺人を犯していた。
(関連した私の評論。「マイホームとシンデレラ城――宮部みゆき火車』『理由』考」 https://note.mu/endingendless/n/n4fd9b8c5bc51

村上龍ラブ&ポップ

ラブ&ポップ―トパーズ〈2〉 (幻冬舎文庫)
女子高生の援助交際キャプテンEOを名乗る男が登場して説教。

谷川俊太郎 詩集『夜のミッキーマウス

夜のミッキー・マウス (新潮文庫)
表題作は、こう始まる。

夜のミッキーマウスは 昼間より難解だ。

他に「朝のドナルド・ダック」、「詩に吠えかかるプルートー」、「百三歳になったアトム」という詩も。

篠山紀信 at 東京ディズニーリゾートMAGIC』

篠山紀信 at 東京ディズニーリゾート MAGIC
閉園後のパークでミッキーたちは何をしているのか、という設定の写真集。

大川隆法ウォルト・ディズニー 感動を与える魔法の秘密』

ウォルト・ディズニー「感動を与える魔法」の秘密 公開霊言シリーズ
幸福の科学大川総裁お得意の霊言集。ウォルトの霊が、日本語で喋ってる!

BLANKEY JET CITY“ディズニーランドへ”

ディズニーを脇に置くと不幸が映える。その極致ともいえる歌詞はこちら。 http://www.utamap.com/viewkasi.php?surl=E02710
名曲。↓収録アルバム。

BANG!

BANG!



  • 最近自分が書いたもの
    • 道尾秀介『獏の檻』の短評 → 「ハヤカワミステリマガジン」9月号
    • 吉村萬壱『ボラード病』の書評 → 「月刊宝島」9月号
    • 法条遙『忘却のレーテ』、石持浅海『御子を抱く』の書評 → 「小説宝石」9月号
    • 横山悠太『吾輩ハ猫ニナル』の書評 → 「月刊宝島」10月号

その他、今年これまでに私が書評でとりあげた本の一覧はこちら。↓
http://astore.amazon.co.jp/endingendless-22?_encoding=UTF8&node=18