「J」

私は2000年に「POSシステム上に出現した『J』」と題した清涼院流水論を「小説トリッパー」に寄稿して、それが評論家としてのステップボードになったのだった。 「J」とは清涼院のJDCシリーズの「J」であるだけでなく、もちろんJポップやJ文学など、当時のや…

『タワーリング・インフェルノ』

#30DayFilmChallenge DAY 7 a film that you will never get tierd of 初めて劇場で観た洋画。閉鎖空間で人々が右往左往する様子に引きつけられる。 https://www.youtube.com/watch?v=Kr6l87i9oAI 私のディストピアへのこだわりと『タワーリング・インフェル…

『ディストピア・フィクション論』発売一周年

ディストピア・フィクション論: 悪夢の現実と対峙する想像力 作者:都司昭, 円堂 発売日: 2019/04/27 メディア: 単行本 昨年の今日、『ディストピア・フィクション論 悪夢の現実と対峙する想像力』を発売したのだが、1年後に現実世界がここまでディストピア…

遠藤周作『沈黙』

遠藤周作と探偵小説: 痕跡と追跡の文学 (南山大学学術叢書) 作者:承哲, 金 発売日: 2019/03/27 メディア: 単行本 金承哲『痕跡と追跡の文学』読了。遠藤のキリスト教文学が、探偵小説の手法をいかにとり入れていたかを論じている。まどろっこしい記述に難は…

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』、ようやく行って来た。なるほどこれはディズニー映画だなぁ、『アナ雪2』の時と似た気分になるなぁと思いつつ見ていた。ポリコレに配慮した多様性のキャスティング、役回りの分配でありながら、結局、血筋…

松本清張と百田尚樹

人気小説家でありつつ、自身の史観をノンフィクションとして語る。歴史学者からの批判はあっても、大衆や出版界は人気小説家に一目置き続けている。 そのようなありかたにおいて、今の百田尚樹って、松本清張の受け入れられ方とかぶってないか? と、この本…

アイドル@ディストピア

『ディストピア・フィクション論』では2010年代日本の同調圧力と歩調をあわせた曲としてAKB48“恋するフォーチュンクッキー”に触れたが、当初はあとがきで欅坂46“不協和音”に触れようと考えていた。同曲にみられるように抵抗、あるいは戦争、世界の終り、ゾン…

『IT/イット THE END』『ドクター・スリープ』

【映画パンフレット】IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。 メディア: [まとめ買い] ドクター・スリープ メディア: Kindle版 昨日の『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』に続き、今日もスティーヴン・キング原作の『ドクター・スリー…

アイドル・シンギュラリティ

前編 sfgeneration.hatenablog.com 後編 sfgeneration.hatenablog.com 前編の一色萌(XOXO EXTREME=キスエク)発言。 アイドル性を前面に押し出して歌ったらアイドルソングになるような声の子がプログレを歌っているグループなんですよ、キスエクは。 だか…

ロジャー・ウォーターズ『US + THEM』、ピンク・フロイド『光』

昨日、『ロジャー・ウォーターズ US + THEM』試写会行ってきた。紛争、難民関連のイメージが多く挿入され、“Pigs”を歌い始めると即座にトランプの顔が映される。工夫したヴィジュアルで抵抗のテーマを単純明快に打ち出している。また、過去の彼のソロ・ライ…

「QUEEN SUPER FIREWORKS~夜空のラプソディ~」

イベントのリーフレット 昨日、浦安市では観光イベント「ウラヤスフェスティバル2019」が開催された。そして、同日には同市総合公園を会場にして東京湾・浦安芸術花火 特別企画「QUEEN SUPER FIREWORKS~夜空のラプソディ~」が行われた。 「ウラヤスフェス…

『生活の恐怖 お母さん!台所が危険です』

生活の恐怖―お母さん!台所が危険です (1974年) (ワニの本―ベストセラーシリーズ) 作者: 大川博徳 出版社/メーカー: ベストセラーズ 発売日: 1974 メディア: ? この商品を含むブログを見る 今日、神保町ブックフェスティバルで久しぶりに実物に再会し、手に取…

早野透『政治家の本棚』の河村たかしインタビュー

政治家の本棚 作者: 早野透 出版社/メーカー: 朝日新聞社 発売日: 2002/04 メディア: 単行本 クリック: 5回 この商品を含むブログ (1件) を見る 早野透『政治家の本棚』(2002年)所収の河村たかしインタビューを読むと、先祖は中級の武士で「書物奉行をやっ…

ジンジャー・ベイカー死去

https://www.afpbb.com/articles/-/3248252?pid=21719284 ブライアン・メイが「求む、ミッチ・ミッチェル(ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス)、ジンジャー・ベイカー(クリーム)タイプのドラマー」とメンバー募集し、やって来たのがロジャー・テイ…

「QUEEN -HEAVEN-」

「コニカミノルタプラネタリア TOKYO」で上映中の「QUEEN -HEAVEN-」。ブライアン・メイ監修によりドイツで2001年に制作された映像作品である。 https://planetarium.konicaminolta.jp/planetariatokyo/program/planetarium1/summer_19_3/ Queen Heaven - Tr…

ジョリッツ×キスエク

9/28 横浜 THE CLUB SENSATION ジョリッツ / xoxo(Kiss&Hug) EXTREME(キスエク) 昨夜はジョリッツ×キスエク。ロックに触れた高校の頃、同時代のニューウェイブを聴きつつ、すでに円熟していたプログレの旧作へ遡った。このへんが私のリスナーとしての根っ…

『子育てとばして介護かよ』『カイゴッチ』

島影真奈美さんの『子育てとばして介護かよ』購入。 私の場合、夫婦に子どもがいない状態で母が背骨の圧迫骨折を経て要介護状態になったのだけど、同居して面倒をみるのは無理だとすぐに判断。家で付き添っていたのはごく数日でショートステイ→外科病棟入院→…

芦沢央『カインは言わなかった』

ダンス・カンパニーが題材の芦沢央『カインは言わなかった』。妻を津波で亡くした芸術監督が「オルフェウス」を題材に舞台を演出したり、被災地とかかわりのある人物が他にも登場するなど、震災後文学の要素を含んでいる。“そこが主眼ではないが”ということ…

Vera Lynn"We'll Meet Again また会いましょう”

時事通信 「バイバイ英国」盛大にパーティー=オランダ小村、予約1万人超 https://www.afpbb.com/articles/-/3242389 [英国が欧州連合(EU)から離脱する予定の10月31日] [EU加盟国の名産を飲食しながら、砂浜で対岸の英国に向かって手を振る予定。第2次大戦…

SUMMER SONIC 2019

8月16日に観たもの THE STRUTS~BiSH(後半)~アキラ100%~Little Glee Monster~PALE WAVES~BANANARAMA(後半)~The Birthday~BJORN AGAIN~TWO DOOR CINEMA CLUB この日はROBERT GLASPERで締めようと思っていたが、強風の影響でBEACH STAGEが全面中止に…

円堂都司昭 × 速水健朗「悪夢の現実と対峙する想像力」

ゲンロンカフェでこのようなイベントを行います。 2019 9/10(Tue)19:00~21:30(開場18:00) 円堂都司昭 × 速水健朗 「悪夢の現実と対峙する想像力──円堂都司昭『ディストピア・フィクション論』刊行記念」 当日言及予定の作品(の一部) ・ジョージ・オ…

『発禁放禁歌集』回想

プログレッシヴ・ロックの歌詞を解説した本を出したのに伴い、先日、イベントを催した(7月31日「夏を制するものはプログレを制する!円堂都司昭『意味も知らずにプログレを語るなかれ』刊行記念~絶対合格!キスエクと学ぶ「夏のプログレッシブロック強化講…

本格ミステリ作家クラブ選・編の年鑑ベスト・アンソロジー

本格王2019 (講談社文庫) 作者: 飴村行,長岡弘樹,友井羊,戸田義長,白井智之,大山誠一郎,本格ミステリ作家クラブ 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2019/07/12 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 本格ミステリ作家クラブ選・編の年鑑ベスト・アンソ…

矢野利裕『コミック・ソングがJ-POPを作った』からミーコの回想へ

コミックソングがJ-POPを作った 軽薄の音楽史 (ele-king books) 作者: 矢野利裕 出版社/メーカー: Pヴァイン 発売日: 2019/04/24 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 私が2013年に刊行した『ソーシャル化する音楽 「聴取」から「…

絶対合格!キスエクと学ぶ「夏のプログレッシブロック強化講座」

『意味も知らずにプログレを語るなかれ』刊行記念のイベントをやります。 7月31日(水曜日) 夏を制するものはプログレを制する!円堂都司昭『意味も知らずにプログレを語るなかれ』刊行記念~絶対合格!キスエクと学ぶ「夏のプログレッシブロック強化講…

近刊予告『意味も知らずにプログレを語るなかれ』

意味も知らずにプログレを語るなかれ 作者: 円堂都司昭 出版社/メーカー: リットーミュージック 発売日: 2019/07/11 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る 意味も知らずにプログレを語るなかれ|商品一覧|リットーミュージック 有名…

『ディストピア・フィクション論』とクイーン

(バンドじゃない方の)クイーン再入門の「ミステリマガジン」7月号。書評欄で松坂健氏がとりあげたなかの1冊に『ディストピア・フィクション論』が。ミステリを話題にした部分があるとはいえ、どちらかといえば「SFマガジン」寄りの内容なのに恐縮です。同…

さやわか『名探偵コナンと平成』

この作品を考察することで現在における真実をも論じた本書、面白かった。被害者と加害者の男女比率や動機の時期ごとの変化を語った部分など興味深く読んだ。 名探偵コナンと平成 (コア新書) 作者: さやわか 出版社/メーカー: コアマガジン 発売日: 2019/04/0…

最近の自分の仕事

「夜明けの紅い音楽箱」第22回(取り上げたのは鵜林伸也著『ネクスト・ギグ』 → 「ジャーロ」No.66 長岡弘樹著『救済 SAVE』、古市憲寿『平成くん、さようなら』の紹介 → 「小説宝石」2019年1月号 「ジョン・ウェットンを読む」 → 「THE DIG ジョン・ウェッ…

『ディストピア・フィクション論』 目次

ディストピア・フィクション論: 悪夢の現実と対峙する想像力 作者: 円堂都司昭 出版社/メーカー: 作品社 発売日: 2019/04/27 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 円堂都司昭著『ディストピア・フィクション論 悪夢の現実と対峙する想像力』(作品…