普天間へディズニーリゾート誘致

『ディズニーの隣の風景』を執筆していた頃、アメリカ軍基地に居座られ続ける沖縄と、アメリカ文化の象徴であるディズニーを自ら招致した浦安の対比について考えていた。沖縄も浦安も「アメリカ」を組み込んだ形で地域の今が出来上がっているが、そのありようはネガとポジというくらいに異なっている。
だから、普天間基地を移設した跡地にディズニーを誘致しようという案が唐突に浮上したことには、驚いたけれど、なるほどとも思った。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00310696.html
基地というマイナスの「アメリカ」を、ディズニーというプラスの「アメリカ」で上書きし、対米イメージを転換しようとする発想。わかりやすいといえばわかりやすい。


一方、アメリカのディズニー社は、テロ対策として、コスプレでテーマパークに入園することを禁止することを打ち出した。東京(浦安)、香港などの施設にも同措置を適用するという。
http://news.livedoor.com/article/detail/10969191/
アメリカというテロの標的に最もなりやすい国の施設である点では、ディズニーも基地と同類なのだということ。

菩提樹荘の殺人 (文春文庫)